1. ホーム
  2. ファクト集
  3. 野菜をめぐるライフスタイルの変化と意識

FACT BOOK

知っておきたい日本人の食生活

野菜をめぐるライフスタイルの変化と意識

  • 日本人の食生活は平成20年と40年前の昭和40年とを比較すると、ごはんや野菜の摂取が減り、牛肉・豚肉等の肉料理が増加しており「食の欧米化」が起きています。
  • 総務省統計局「家計簿からみたファミリーライフ」によると、平成22年は昭和40年と比べ、調理食品や外食による支出が2倍近くに増加しています。
  • 関東農政局「食生活に関するアンケート結果」によると、野菜不足を感じている人に【野菜を目標量まで食べていない理由】を聞くと、「調理が手間」「外食が多い」などが挙げられました。

1 1人当たりの食事の内容と食料消費量の変化

昭和40年と平成20年の食事を比べると、40年間でごはんの摂取量は1日5杯から3杯に、野菜は1日およそ300gから260gに減少しています。
反対に、牛肉料理は月1回から月3回に、豚肉料理は月2回から月7回に増加し(どちらも1食150g換算)、植物油の摂取量も1.5kgボトルで年に3本から9本と約3倍に増えています。
果物は輸入量の増加などから1日およそ80gから110gに増えています。


出典:農林水産省「食料需給表」を元に試算

2 調理食品、外食への支出は、40年間で約2倍に

昭和40年と平成22年の1世帯当たりの年間支出金額指数を比べると、平成22年は、調理食品が2.2倍、外食が1.7倍となっています。
食料(全体)ではあまり変化が見られませんが、中食(調理済みの弁当や惣菜)や外食の増加による食の外部化が進んでいるといえます。

※消費者物価の変動分を取り除き、昭和40年を100とした実質支出金額指数の推移

総務省統計局「家計簿からみたファミリーライフ」

3 消費者の野菜摂取の意識

下記のグラフは野菜摂取の意識調査の結果です。およそ6割の人が、野菜摂取について「不足気味」、「かなり不足」と回答しています。

出典:農林水産省関東農政局「食生活に関するアンケート結果の概要」(平成22年)